2010年03月25日

アナの塗装

プレーンに関してはそれぞれエア企業によって、さまざまな塗装がされています。

日本を代表するエア企業「アナ」のプレーンにも、さまざまなタイプの塗装がされています。

アナのシンボルカラーに関しては「トリトンブルー」、青色です。

「トリトン」は、嵐を鎮めて実際に船の運航を守っていたとされる感じの神様のようなことです。

アナでは海と空に関しての違いはありますが、「安全」を守るようなトリトンの名前を掛けて、シンボルカラーを、実際、トリトンブルーと名づけたんです。

プレーンの塗装も青色系でだいたい統一されています。

初代の塗装は白色をベースにして紺色のラインを実際に引き、上下に赤いラインを引いてあるようなものでした。

2代目のプレーンでは、窓のラインと垂直尾翼が、実際、スカイブルーに塗られ、垂直尾翼から機首、あるいは、屋根の部分までスカイブルーの感じのラインが引かれていました。

このスタイルは、実際、モヒカン刈りに似ていることから、「モヒカンジェット」とかなり呼ばれていました。

1969年から1989年までの感じの20年もの間、実際、運航されていました。

3代目のスタイルが、現在についてのスタイルとだいたいなります。

青色のラインの下に、実際、水色のラインがかなり細く引かれています。

両側面にある感じの社名も変更され、「全日空 All Nippon Airways」から、現在の「アナ」となっています。

2代目のモヒカン塗装はアナの意匠の中でも評判スタイルで、2009年12月から2013年までの感じの期間限定で復刻される感じのことが決まっています。

「ボーイング767-300型」中型ジェット機に関しての塗装をはがし、再塗装して、実際、造られました。

羽田・宮崎線、あるいは、羽田・鹿児島線などで運航されるような予定です。

モヒカンジェットを、実際、もう一度見たいという方は、ぜひこの機会に活用して下さい。





Posted by ogachi7 at 14:00

削除
アナの塗装